学校法人 日本コンピュータ学園  
東北電子専門学校
 
本校は特に経済産業省の情報処理技術者試験に代表される各種資格試験で極めて多数の合格実績を挙げるなど、東北における情報教育の先駆者として常に輝かしい実績を残すと共に、優れた教育ノウハウを蓄積してきました。さらに普段の生活・マナー指導及びカウンセリングから資格取得、就職にいたるまで社会人となるために必...もっと詳しく

最新情報
●12/12(日)の【体験入学会】は事前予約制です。参加希望の方は2日前(金)17時までにお申込みください。
学校の特長
本校は特に経済産業省の情報処理技術者試験に代表される各種資格試験で極めて多数の合格実績を挙げるなど、東北における情報教育の先駆者として常に輝かしい実績を残すと共に、優れた教育ノウハウを蓄積してきました。さらに普段の生活・マナー指導及びカウンセリングから資格取得、就職にいたるまで社会人となるために必要な指導を徹底しており、厳選採用が続く状況のなかでも常に高い就職実績をあげ、広く社会のニーズに応える人材を送り出しています。
オンライン授業への取り組み
東北電子では、学生全員にiPadを配付し教科書のデジタル化、クラウドサビースを活用した情報共有、録画授業の配信等、授業におけるICTの活用に取り組み、教育のDX化を実現すべく努めてまいりました。
新型コロナウイルス感染拡大に伴い、教育現場においてはオンラインによる教育が求められました。その際、本校では、既に学生全員に配付していたiPadを使い、学生と学校がインターネットで同時に繋がる双方向授業を実現することができました。
オンライン授業を振り返ると、授業への参加意識の向上や、資格試験合格者数の増加等、教育方法の有効性を確認することができました。さらに、感染症対策、通学時の負担軽減、時間の有効活用等もメリットとなり得ることから、講義科目を中心として、一週間のうち1日(2時限~4時限)の授業を「双方向遠隔授業と録画配信授業を併用したオンライン授業」とします。
注目のRPA(Robotic Process Automation )を全学科で学ぶことができます!
RPAとは本来人間がパソコンを使って行う定型業務や単純業務を、ソフトウェア型ロボットが代行して効率的に自動化、処理する仕組みのことです。本校ではオフィス業務の自動化ロボットとして注目されているRPAを全学科で学びます。
iPadで始まる、新しいキャンパスライフ
東北電子専門学校では、教育ツールとして学生全員にiPadを配付し、時代に対応した教育環境を実現しています。携帯性・操作性に優れ、学内外からの利用が可能な「iPad」は、ICT化された本学の教育サポートシステムを、さらに有効に使いこなすためのツールです。
オンライン授業や電子書籍を用いた授業、キャンパスコミュニケーションサイトのeラーニングの視聴、リアルタイムな情報収集などが可能です。配付されたiPadは2年進級時にプレゼントいたします。
お問い合せ先
〒980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院1-3-1

フリーダイヤル:0120-373-501

ホームページ:http://www.jc-21.ac.jp/
ご注意:掲載中の情報は更新日時点での情報です。詳細・最新の情報は各学校の資料などでご確認下さい ▲上へ



Copyright (C)2007 WING進学ネット, All rights reserved.