新潟食料農業大学
 
「食」「農」「ビジネス」を一体的に学ぶ「食」の総合大学です。

今、日本のみならず世界の食料産業において、生産から加工・流通・販売までの一連の流れを理解し、食料産業を総合的に捉えることができる人材が求められています。本学は、このような消費者が求める価値を創造する食の総合的な知識・技術を備えた人...もっと詳しく

学校の特長
「食」「農」「ビジネス」を一体的に学ぶ「食」の総合大学です。

今、日本のみならず世界の食料産業において、生産から加工・流通・販売までの一連の流れを理解し、食料産業を総合的に捉えることができる人材が求められています。本学は、このような消費者が求める価値を創造する食の総合的な知識・技術を備えた人材のことを“食のジェネラリスト”と呼び、「食料産業をトータルに学ぶことができる高等教育機関」つまり『食』として、その育成に全力を挙げています。

1.フードチェーンの総合理解
食料産業の一連の流れを「フードチェーン」といいます。従来の学問においては、この「生産・加工・流通・販売」の各段階は別々の学問分野となり、食料産業を包括的に捉えることができる人材の不足が指摘されていました。そこで本学では、このフードチェーン全体を網羅する学問を「食料産業学」と定義し、入学直後からそれぞれの段階を分け隔てなく学び、総合理解を深めます。

2.マーケットインの発想
フードチェーンの動きの基本は「ものを作り、売ること」。そしてその動きを加速させるのは「マーケット(消費者・市場)のニーズ」です。いくら良いものを作っても、消費者や市場が求めるものでなければ売れないからです。この「消費者や市場が求めるもの」を起点に考えることを「マーケットイン」といい、フードチェーンのどの段階においてもこのマーケットインの発想が不可欠です。

3.現場での体験
フードチェーンの基盤は地域です。なぜならすべての生産物は、それらが生産される地域の地形・気候・交通などといった特性に合わせて作られ、加工・流通・販売の形態も地域の特性に応じて変化するからです。このすべての基となる地域、つまり現場での体験をなくしてフードチェーンの総合理解は不可能と考え、本学では「地域での実習」や「現場で活躍する方々の講義」など、現場での体験を重視しています。
「食」「農」「ビジネス」を一体的に学び食の未来をつくる!
よりよい食を届けるには、栄養のある作物の栽培、おいしい食品への加工、多くの消費者が満足するサービスの提供など、生産から加工・流通・販売に関わる人たちが協力することが必要です。多くの農学系の学部では、専門分野に複数の学科が設置されていますが、本学は1学部1学科制。1年次に全員が「食」「農」「ビジネス」を総合的に学ぶことで幅広い知識・技術を修得します。2年次からは3つの選択コースでの実学重視のカリキュラムにより専門的な知識・技術を修得します。1学部1学科制だからこそ全員が食のつながりを横断的に学ぶことができ、これからの食の未来をつくる実践力を身につけます。
幅広い分野で「食」に関わる「職」で活躍
食に関わる総合的な知識に加え、コース選択による専門的な知識・技術を身につけるため生産・加工・流通・販売など、あらゆる分野でリーダーとして活躍できる人材を育成します。
オープンキャンパスのご案内
大学概要説明や学生発表、なんでも相談コーナーなど、大学の魅力を感じられる充実のプログラムをご用意!
さらに、県外生対象無料宿泊制度や新潟駅・中条駅からの無料送迎バスの運行、交通費補助制度もございます。
また、ご来場が難しい方にオススメ!オンラインオープンキャンパス「NAFUチャンネル」も同日開催!
お友だちやご家族と一緒にぜひご参加ください。
参加予約は本学HPのフォームからお申込みください。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、開催時間・プログラム内容の変更がある場合がございます。詳細は本学HPをご確認ください。
お問い合せ先
〒959-2702 新潟県胎内市平根台2416
お問合わせ先:入試事務室:0254-28-9840
ご注意:掲載中の情報は更新日時点での情報です。詳細・最新の情報は各学校の資料などでご確認下さい ▲上へ



Copyright (C)2007 WING進学ネット, All rights reserved.