資格:医療・看護・福祉系
医事コンピュータ技能検定
【必要な資格】医事コンピュータ技能検定
カルテや診療伝票を基に、レセプト(診療報酬明細書)作成能力を評価する検定試験。医療事務の知識と、医事コンピュータスキルが必要となるため資格取得には専門学校等で知識とスキルを見につけるのが近道。
【受験資格】年齢、性別、学歴等に関係なく誰でも受験できる。
【試験概要】現在、実施されているのは準1級、2級、3級の3段階。試験は筆記と実技に分けられている。
筆記試験:医療事務、コンピュータ関連知識
実技試験:オペレーション





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.