資格:医療・看護・福祉系
医師
医師になるには大学の医学部や医科大学で6年間医学の専門知識を学ぶなどの後、「医師国家試験」に合格して医師免許を取得、その後さらに2年以上、臨床研修医としての経験を積み、ようやく正式に医師として医療行為を行うことができる。
【受験資格】
①学校教育法に基づく大学において、6年間医学の正規の課程を修了し、卒業した者または見込みの者②医師国家試験予備試験の合格者で、合格後1年以上診療および公衆衛生に関する実地修練を経た者 など
試験内容⇒①臨床上必要な医学および公衆衛生に関して、医師として具有すべき知識・技能②試行問題





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.