資格:医療・看護・福祉系
歯科助手検定
歯科助手は治療のアシスタント、準備・片付け、患者の誘導、受付業務、カルテ情報の入力など治療以外の業務全般を行う。検定では歯科医療に関する知識、また診療方法や、診療体制の対応などが求められる。
【受験資格】誰でも受験可能だが、飛び級受験はできないため、3級からのスタートとなる。
【試験概要】試験は1級、2級、3級の3段階。
1級:歯科診療補助、解剖・生理学、歯科臨床概論、薬学、栄養、口腔衛生
2級:歯科診療補助、歯科臨床概論、口腔衛生
3級:歯科診療補助、歯科診療概論





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.