資格:経営・ビジネス・観光・コンピュータ系
インバウンド実務主任者
インバウンド(英語:inbound)とは、原義が「外から中へ入る」という意味があることから、日本では「訪日外国人旅行者」や「外国人観光客」の意味に使われていますが、「インバウンド実務主任者認定試験」は、この訪日観光客への対応と理解、国の施策、法令などの基礎的な知識から各国の特徴と各種の傾向などまで全体的に熟知している事を証明する資格です。
インバウンド実務主任者認定試験では、観光や集客だけでなく、訪日外国人への理解や対応なども問われます。受験する方の業界も幅広く、観光や旅行業界のみならず、交通業や宿泊業、レジャー施設やイベント関連業、自治体職員など多岐にわたります。





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.