資格:医療・看護・福祉系
心理学検定
将来、心理学を生かした職に就きたいと考えている人はもちろん、学生の就職や進学、あるいは社会人の転職などキャリアアップへの利用を考えている人にも最適な資格で、日本心理学諸学会連合が認定試験を行っている。検定のレベルは特1級、1級、2級の3段階。
【受験資格】
誰でも受験可能。
【試験概要】
試験は、心理学の10科目(A領域5、B領域5)について行われる。○A領域の5科目、B領域の5科目の10科目すべてに合格すると「特1級」、○A領域の4科目を含む合計6科目に合格すると「心理学検定1級」、○A領域の2科目を含む合計3科目に合格すると「心理学検定2級」が取得できる。
◇A領域:(1)原理・研究法・歴史、(2)学習・認知・知覚、(3)発達・教育、(4)社会・感情・性格、(5)臨床・障害
◇B領域:(1)神経・生理、(2)統計・測定・評価、(3)産業・組織、(4)健康・福祉、(5)犯罪・非行





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.