資格:経営・ビジネス・観光・コンピュータ系
レストランサービス検定
レストランなどのウェイターやウェイトレスなど、食事や飲料に関するサービスの技能を認定する国家資格である。1級、2級、3級の区別があり実務経験に応じて受検できる。飲食サービスに関する資格としては唯一の国家資格である。
学科試験と実技試験がある。 実技試験は学科試験合格者のみ受検できる。技能検定に合格すると、1級は厚生労働大臣名の、2・3級はHRS会長名での合格証書が授与され、技能士を称することができる。





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.