資格:医療・看護・福祉系
公認心理師
2015年に新設されることが決定した日本で初めての心理系国家資格。国民の心の健康の保持増進に寄与できる心理の専門家として保健医療、福祉、教育などのさまざまな分野で、支援を必要とする人およびその家族や関係者に対して心理状態の観察・分析、相談、助言などを行う。
国家試験に合格した上で、指定登録機関への登録が必要。

【受験資格】
(1)大学+大学院にて公認心理師に必要な課程を修了した者。
(2)大学で公認心理師に必要な課程を履修し卒業後、一定期間の実務を経験した者。など。





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.