資格:医療・看護・福祉系
救急救命士
消防署の指令で現地に急行し、怪我人・病人の状況を判断、医師の指導に基づき救急現場や救急車内で気道確保や輸液処置などの救急救命措置を行う。一刻も争う状況であるので、迅速かつ冷静な判断が必要とされる。
【受験資格】
①大学入学資格を有し、文部科学大臣または厚生労働大臣指定の施設(2年制)を卒業した者②大学などで1年(高等専門学校では4年)以上修業し、厚生労働大臣の指定科目を修め、指定校で1年の課程を修了した者③医大等で公衆衛生学、臨床実習等の指定科目を修了した者④外国で救急救命士学校卒業、または、有資格者で①~③と同等以上と認定された者⑤看護士の資格を有し、①~④と同等以上と認定された者 など





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.