資格:医療・看護・福祉系
医療事務作業補助者
医師事務作業補助業務の従事者として必要な医療文書の作成、医学・薬学、医療に関する法律・法令等の知識と技能のレベルを評価、認定することによって、その職業能力の向上と社会的経済的地位の向上に資することを目的としています。
病院団体・公益社団法人全日本病院協会と一般財団法人日本医療教育財団との共催により実施する試験として、試験内容や教育訓練ガイドラインから実施体制に至るまで万全が期されており、医師事務作業補助職志望者をはじめ、関係各方面の信頼に応えられる試験となっています。





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.