資格:医療・看護・福祉系
手話通訳士
手話を用いて聴覚障がい者と健聴者とのコミュニケーションをはかるのが主な仕事。話の内容を正確に理解して的確に通訳するという重要な役割を担うため、高度なスキルが求められる。試験は難関で、合格するには3年以上の経験が必要とされる。
【受験資格】
学科試験(1次試験)時に20歳以上の者
試験内容
⇒学科試験(1次試験)①障害者福祉の基礎知識②聴覚障害者に関する基礎知識③手話通訳のあり方④国語⑤手話の基礎知識
⇒実技試験(2次試験)①聞き取り(手話への)通訳…音声を聞きながら手話で同時通訳②読み取り(口頭)通訳…手話表現を口頭で同時通訳③読み取り(筆記)通訳…手話表現を筆記で通訳





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.