資格:経営・ビジネス・観光・コンピュータ系
画像処理エンジニア検定
『画像処理分野』の開発・設計に必要な知識の習得を評価する検定で(財)画像情報教育振興協会(CG-ARTS協会)が認定試験を行っている。産業や学術分野のさまざまな領域において、一定の条件(開発目標・システム環境・予算・作業工程・コストなど)のもと、ソフトウェアや関連するハードウェア、システムの開発ができる能力が求められる。
【受験資格】
誰でも受験可能。
【試験概要】
試験の実施レベルはベーシックとエキスパートの2段階。工業分野、医用、リモートセンシング、ロボットビジョン、交通流計測バーチャルスタジオ、画像映像系製品などのソフトウェアやシステム、製品などの開発を行うための知識を測る。出題内容は、(1)基礎、(2)画像信号処理、(3)パターン認識・計測、(4)メディア処理・符号化、(5)画像処理システム、(6)知的財産権





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.