資格:医療・看護・福祉系
介護福祉士
養護老人ホームや、身体障がい者更生施設などの福祉施設に勤務し、介護を必要とする高齢者や身体障がい者の食事介助、入浴介助、排泄介助などを行う。来るべき高齢化社会において、専門的・技術的指導ができる介護福祉士のニーズはますます高まっている。
資格取得には以下のようなルートがある。
A:介護福祉士の養成施設(大学・短大、専門学校)などで専門の知識・技術を身につけると卒業と同時に取得できる。[平成27年度(平成28年1月試験)からは介護福祉士国家試験に合格する必要がある。]
B:身体障がい者療護施設、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設等の介護職員として、3年以上介護業務に従事した後、介護福祉士国家試験に合格する。
C:福祉系高等学校(専攻科を含む)などで所定の教科目および単位数を修めて卒業(見込み者含む)した後、介護福祉士国家試験に合格する。





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.