資格:経営・ビジネス・観光・コンピュータ系
応用心理士
「応用心理士」は日本応用心理学会認定の資格。資格を取得すると、応用心理士の仕事ができるというのではなく、人事・労務関係、医療・看護関係、司法・矯正関係、交通関係、教育関係、相談関係などの仕事に従事している人が、仕事のレベルアップや現在よりも活動の場を広げるための資格である。
【取得するには】
日本応用心理学会の会員で入会後2年以上経過しているかつ、下記のいずれかに該当し、応用心理士として認められた者。
(1)学校教育法に定められた大学で心理学専攻またはこれに準ずる学科を卒業した者。
(2)学会機関誌「応用心理学研究」に1件以上の研究論文を発表した者。または学会の年次大会で2件以上の研究発表(連名発表でない)をした者。
(3)応用心理学に関わる仕事の3年以上の実務経験を持ち、本学会研修委員会企画の「研修会」に5回以上参加した者。





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.