資格:医療・看護・福祉系
義肢装具士
交通事故などで手や足を失った人たちの義肢(義手・義足)や、体の一部が弱ったり、機能が失われたときに装着する装具などを一人ひとりの身体に合わせて採型・採寸して制作する。最近では、日常生活機能の回復だけでなくスポーツ用義肢・装具の開発も進んでおり、仕事の幅が広がっている。
【受験資格】
大学入学資格を有する者で、文部科学大臣指定の学校、または厚生労働大臣指定の義肢装具士養成所において3年以上、義肢装具士としての必要な知識・技能を修得した者(試験実施年の3月31日までに卒業見込みの者も含む) など
試験内容⇒①臨床医学大要②義肢装具工学③義肢装具材料学④義肢装具生体力学 など





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.