資格:医療・看護・福祉系
臨床工学技士
医師の指導のもと、人工呼吸器、血液浄化装置、人工心肺装置、ペースメーカーといった生命維持管理装置の操作や保守点検を行うのが主な仕事。医療機器の進歩にともなって、臨床工学技士は、近年ますます必要とされている。また、最近は女性の有資格者も増えている。
【受験資格】
①大学入学資格を有する者で、文部科学大臣指定の学校、または厚生労働大臣指定の臨床工学技師養成所において3年以上、臨床工学技師として必要な知識・技能を修得した者②大学その他で2年(高専は5年)以上修業し、厚生労働大臣指定の科目を修め、さらに師弟の臨床工学技師養成所で1年以上臨床工学技師として必要な知識・技能を修得した者③大学で、厚生労働大臣指定の25科目(公衆衛生学、医学概論、解剖学、生理学、医用工学等)を修めて卒業した者 など





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.