資格:栄養・製菓・調理
調理師
衛生・栄養の知識や調理技術だけでなく、美しい盛り付けができる美的センス、こうしたらもっと美味しくなる、お客さんに喜んでもらえる、といったサービスマインド、新しいメニューの考案など、様々な能力が必要とされる。重い鍋を扱ったり、食材を運んだり、たくさんの洗いものをしたりと、体力も必須。最近では健康ブームや特別食のニーズの高まりに伴い、しっかりと食の知識を身につけた調理師の活躍の場が広がってきている。
【この資格をとるには?】
調理師資格を取得するには下記の2つの方法がある。
①厚生労働大臣の指定した調理師養成施設(料理の専門学校など)を卒業する
②中学校卒業以上で2年以上の調理の実務経験を経た後、調理師試験に合格する
◆試験内容
筆記試験(①衛星法規 ②公衆衛生学 ③栄養学 ④食品学 ⑤食品衛生学 ⑥調理理論 ⑦食文化概論)





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.