資格:経営・ビジネス・観光・コンピュータ系
マルチメディア検定
コンピュータやインターネットを活用し、デジタル情報でコミュニケーションする上で必要な知識と技能を評価する検定試験で、CG-ARTS協会が主催している。コンピュータやネットワークシステム、デジタル画像やコンテンツデザインの基礎知識を習得することにより、魅力的な表現や、的確な情報の受発信ができるようになる。また、広範なサイト構築におけるリーダー的な立場で活躍する人にとっても非常に有効な検定となっている。
【受験資格】
誰でも受験できる。
【試験内容】
◇3級…(1)デジタルコミュニケーション(Web、インタラクティブシステムなど)に関する基礎的な用語を理解できる(2)簡単なWebページやプレゼンテーション資料が作成できる(3)マルチメディアに使用するシステムの名称と役割が理解できる
◇2級…
(1)マルチメディアについての全般的な知識を、コンテンツ制作やWebサイト構築などに活用できる
(2)コンテンツ制作に伴う知的所有権などを法律的に理解し、対処方法などもわかる
(3)マルチメディアに使用するシステムを目的に応じて選択し活用できる
◇1級…
(1)多岐にわたるマルチメディアについて全般的に理解し、効果的なコンテンツ制作やWebサイト構築などのデジタルコミュニケーションに応用できる
(2)デジタルコミュニケーションに必要な論理的思考ができ、制作や開発においてスタッフを指揮できる
(3)マルチメディア全般に関する社会動向や法律について理解し的確に対応できる





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.