資格:経営・ビジネス・観光・コンピュータ系
応用情報技術者試験
情報処理技術者試験は、経済産業省が情報処理技術者としての「知識・技能」が一定以上の水準であることを認定している国家試験である。応用情報技術者試験は情報処理技術者試験の試験区分のうち、レベル3(応用的知識・技能)に設定されており、技術から管理、経営まで、幅広い知識と応用力のほか、システム開発、IT基盤構築などの局面で、高いパフォーマンスを発揮できることなどが求められる。
【受験資格】
誰でも受験可能。
【試験概要】
試験は全て筆記。午前(多肢選択式)と午後(記述式)にわけて実施される。





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.