資格:バイオテクノロジー・生動物・環境系
技術士・技術士補
技術士制度は、技術コンサルタントの健全な発達を図るための国による技術者の資格認定制度である。
◇技術士は、「技術士法」に基づいて行われる国家試験(「技術士第二次試験」)に合格し、登録した人だけに与えられる称号なので、認定を受けると科学技術に関する高度な応用能力を備えていることの証明となる資格。技術士は、科学技術の応用面に携わる技術者にとって最も権威のある資格である。
◇技術士補は同じく「技術士法」に基づく国家試験(「技術士第一次試験」)に合格し、登録した人だけに与えられる称号。技術士補は、技術士となるのに必要な技能を修習するため、技術士を補助する。
【受験資格】
◇技術士補…誰でも受験可能。
◇技術士(一次試験)…誰でも受験可能。
◇技術士(二次試験)…下記のいずれかの方法で受験資格を取得できる。(1)科学技術に関する専門的応用能力を必要とするような計画、研究、設計、分析、試験又は評価の業務に通算7年を超える期間従事している。(2)技術士補として、通算4年を超える期間技術士を補助すること。※職歴については、それぞれ勤務先や補助した技術士の証明が必要となる。





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.