資格:医療・看護・福祉系
柔道整復師
骨折、ねんざ、脱臼、打撲などの回復を促すための応急処置や補助的治療を行うのが仕事で、柔道の治療術が起源です。一般には「骨接ぎ」や「接骨医」等という名で知られています。治療を行う上で、薬品の投与や外科手術などは禁止されており、本人の技術が売り物です。接骨院や病院などで働き、その後独立開業の道も開けています。
柔道整復師は文部科学大臣の指定した学校または厚生労働大臣指定の養成所で3年以上、柔道整復師となるための知識と技術を習得すると受験資格を得られる。その後学科試験に合格する事で与えられる。





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.