資格:医療・看護・福祉系
歯科医療事務検定
歯科医院には歯科医、歯科衛生士、歯科助手とともに、患者の受付、治療費の計算・請求などを行う歯科医療事務がいる。歯科医療事務検定は、日本医療事務検定協会(医療福祉教育振興グループ)が主催しており、歯科医療に関しての知識やレセプト作成など各レベルに応じて試験を実施している。
【受験資格】
誰でも受験可能だが、飛び級受験はできないため、3級からのスタートとなる。
【試験で求められるレベル】
3級…医療保険制度等が理解でき、基本的な治療内容を把握し、明細書(レセプト)に正確に記入することができる。
2級…応用的な治療を把握し、明細書(レセプト)に正確な記入ができる。また治療内容から病名を判断することができる。
1級…請求事務を幅広くこなせる深い知識・技能を有し、あらゆる治療内容の点数算定について広く理解できる。





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.