資格:経営・ビジネス・観光・コンピュータ系
オラクルマスター
世界的に高いシェアを誇るデータベースの管理ソフト、「オラクル」に関する技術知識を認定する資格であり、エンジニアとしての実力を証明するのに非常に有効な資格。試験はBronze、Silver、Gold、Platinumの4段階。
【受験資格】
誰でも受験できる。
【試験概要】
●Bronze…データベース管理者のもとで管理操作が可能な知識をもつレベル
●Silver…運用・管理を行うためのレベル
●Gold…データベースの構築、効率的な運用・管理の指導ができるレベル
●Platinum…オラクル・データベースの全機能を実際のシステム環境下で使いこなすレベル





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.