資格:医療・看護・福祉系
音楽療法士
音楽を聴く、歌を歌う、楽器を演奏するなど音楽を使って患者の心に働きかけをし、不安の解消、痛みの緩和、リラクゼーションなどを図るのが音楽療法士の仕事。認定試験は日本音楽療法学会が実施している。
(1)認定校で音楽療法に関する科目を履修し、筆記試験に合格する。その後、3年の臨床経験を経て、学会に申請すれば音楽療法士として認定される。(この方法が一番の近道)
(2)年1回行われる資格審査に合格する。資格審査は書類審査と面接試験。
※どちらの方法も日本音楽療法学会の会員であることが第一条件。





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.