職業:建築・インテリア工業・電気・自動車系
航空整備士
航空機が安全に飛行できるよう、航空機の保守点検する機体整備の専門家。ひとつ間違えば大事故に発展する可能性がある仕事なので、その責任は重大だ。飛行機の整備は夜中に行われることが多く、精神的に緊張をしいられるので心身ともに健康であることが大切。整備マニュアルは英語で書かれていることもあるのである程度の英語力も必要とされる。活躍場所は、航空会社のほかに警察、消防のヘリコプターや小型機の整備などもある。
大学などで工学系を学ぶのも良いが、国土交通大臣の指定を受けた航空専門学校に入学し、実地試験免除で在学中にライセンスを取得して航空会社等に就職するのが、航空整備士への最短コースである。





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.