職業:建築・インテリア工業・電気・自動車系
建築設備士
建築技術が進化し、生活する上で非常に重要な給排水、空調・換気、電気配線、防災設備といった建設設備も年々、高度化・複雑化が進んでいる。建築設備士はそれらに対応し、専門知識と技能を持って、建築士に対して建設設備の設計・工事監理が的確に行われるよう適切なアドバイスを行う。
資格を取得するには学歴と資格に応じた実務経験が必要となる。大学・短大、専門学校等で建築、機械、電気といった専門課程を学んでおくのが資格取得への近道。





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.