職業:建築・インテリア工業・電気・自動車系
建築施工管理技士
建築に関する専門知識と技能をもち、鉄筋工事や大工工事、内装仕上げ工事などを含む建築工事の施工計画の作成、工事進行の指揮・監督、資材等の品質管理、作業の安全管理等を行う専門家。建設現場では、年齢やスキルの異なる大勢のスタッフや作業員、職人たちをまとめあげなくてはならない。そのため、統率力はもちろん、協調性や強い責任感が要求される。
建築施工管理技士の資格には、1級(大規模工事を扱う)と2級(中小規模工事を扱う)の2種類がある。資格を取得するには、学歴と資格に応じた実務経験が必要となる。大学・短大、専門学校等で建築学や土木工学といった専門知識を学んでおくのが資格取得への近道。





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.