職業:経営・ビジネス・観光・コンピュータ系
システムエンジニア(SE)
企業の要望を聞き、コンピュータシステム全体の企画・設計を行う専門家。システムエンジニアはまず、対象となる業務内容を分析し、コンピュータ処理するために、どういったシステムがふさわしいのかといった基本設計を行う。その後、プログラマと協力しながらプログラム(ソフトウェア)の開発を進め、ハードウェア(機器)と組み合わせてシステムを構築する。その内容は、在庫管理システム、給与計算システムなどさまざま。
SEとして活躍するためには、プログラミング言語の知識が不可欠。大学・短大で工学などを学ぶか、専門学校のシステムエンジニアコースなどに進学して基礎を身に付けよう。関連資格としては、「アプリケーションエンジニア資格」、「MCP(マイクロソフト認定技術資格)」などがある。





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.