職業:医療・看護・福祉系
助産師
妊産婦が安心して分娩できるよう保健指導、出産時の分娩介助、出産後の身体の回復援助、育児相談などを行う専門家。助産師には開業権が認められているゆえに、医療に関する高度な専門知識と技術が要求される。さらに情緒不安定になりがちな妊産婦の精神的な支え、また産後には良きアドバイザーとなるため、冷静な判断力と細やかな気配りも必要。現在、産婦人科医の不足から、助産師の活動の場はますます広がっている。
まず、助産師になるには、看護の養成施設(大学・短大・専門学校)で学び、「看護師」の試験に合格しなければならない。その後、国が認可した助産師の教育施設などに入学して所定の課程を終了後、「助産師」の試験に合格する必要がある。





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.