職業:医療・看護・福祉系
義肢装具士
医師の指導のもと、交通事故などで手や足を失った人たちの義肢(義手・義足)や、体の一部が弱ったり、機能が失われたときに装着する装具などを一人ひとりの身体に合わせて採型・採寸して制作する。同時に、それが身体に適合し、機能が回復できるようアフターケアも行う。最近では、日常生活機能の回復だけでなくスポーツ用義肢・装具の開発も進んでおり、仕事の幅が広がっている。
義肢装具士を養成する専門学校などで3年以上学んだ後、「義肢装具士」の試験に合格しなければならない。主な就職先は専門の義肢装具製作所や、リハビリテーションセンター、福祉用具メーカーなどで、経験を積めば独立も可能。





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.