職業:医療・看護・福祉系
診療放射線技師
医師の指導のもと、医療現場において放射線治療を行ったり、X線(レントゲン)やCTスキャン、MRIといった医療機器を操作し、治療に必要な患部の撮影を行う専門家。放射線は、治療や撮影には非常に便利で効果的だが、扱い方を間違えると人体に危険を及ぼすので専門的な知識・技術はもちろん細心の注意力と強い責任感が必要とされる。また日々高度化していく医療機器・技術を学ぶための向学心が大切。
文部科学大臣指定の学校または厚生労働大臣指定の養成施設で3年以上、診療放射線技師として必要な知識と技能を修得し、その後「診療放射線技師国家試験」に合格する必要がある。診療放射線技師の養成機関は、4年制大学、3年制短大、3・4年制専門学校など。





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.