職業:経営・ビジネス・観光・コンピュータ系
システムアドミニストレータ
高度IT社会と言われる現代、コンピュータシステムの利用は各企業において欠かせないものとなっている。システムアドミニストレータの仕事は、情報(コンピュータ)システムの専門知識を持って、エンドユーザ(コンピュータシステムを利用して実際に業務を行う者)の立場から情報環境の整備・構築・サポートや、業務効率化のためのシステム改訂、運用・管理など。
企業のシステム管理・構築部門やシステム構築を専門に行っている会社などへの就職を目指そう。資格がなくても知識・技術があればできる仕事ではあるが、初歩的な資格として「独立行政法人 情報処理推進機構」が実施している情報処理技術者試験(国家試験)のITパスポート試験(レベル1:職業人に共通に求められる基礎知識)がある。ただし、仕事としてシステムの運用等に携わるとなると更なるレベルアップが求められる。





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.