職業:経営・ビジネス・観光・コンピュータ系
消費生活アドバイザー
消費者と企業・行政のパイプ役として、全国にある消費生活センターや企業のお客様相談室、相談窓口などで、製品やサービスなど消費生活全般に関しての問い合わせ、相談、苦情などの消費者の「声」を聴いて、消費者に対してアドバイスを行う。または製品の改善・開発、サービスの向上に反映させるため消費者の声をまとめ、企業や行政に対して提言を行う。
(財)日本産業協会が行う「消費生活アドバイザー試験」に合格しなければならない。受験資格は、満28歳以上か、企業や団体の消費者に関連する部門で実務経験があること、などとなっている。





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.