職業:医療・看護・福祉系
音楽療法士
乳幼児、心身に病気や障がいのある人、高齢者などさまざまな人を対象に、音楽を聴く、歌を歌う、楽器を演奏するなど音楽を使って患者の心に働きかけをし、不安の解消、痛みの緩和、リラクゼーションなどを図るのが音楽療法士の仕事。音楽の知識・技術はもちろん、心理学、医学、福祉などの幅広い知識や応用力、コミュニケーション能力、またホスピタリティマインド(思いやりの心)などが求められる。
音楽療法は日本では未だ未開拓の部分も多く、国家認定資格などはない。但し、音楽療法の知識と技術を証明するものとして日本音楽療法学会が実施している「音楽療法士」認定試験があり、現在、日本音楽療法学会では国家認定資格への運動を行っている。





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.