職業:医療・看護・福祉系
臨床工学技士
医療機器の高度化・複雑化が進むなか、医学的知識を持ち、高度医療機器の操作・管理ができる専門技術者として臨床工学技士の需要が急増している。臨床工学技士は、医師の指示のもと、人工呼吸器、人工透析装置、人工心肺装置といった生命維持管理装置の操作や保守点検、またそれらの装置を適切に扱うための指導も行う。近年では、生活習慣病である慢性腎臓疾患患者が増えていることから、人工透析装置の操作が臨床工学技士の主な仕事のひとつとなっている。
臨床工学技士の資格を取得する必要がある。受験資格を得るには、「高校卒業後、文部科学大臣または厚生労働大臣指定の養成学校・施設において3年以上臨床工学技士として必要な知識および技能を修得する」というのが一番の近道。





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.