職業:医療・看護・福祉系
医療ソーシャルワーカー
病気やケガなどで長期治療・入院が必要になったときに、医療費の支払いなどの経済的不安、退院後の職場復帰、または介護・療養方法、その他福祉制度、医療保険、年金についてなど、患者やその家族が抱える不安・心配・問題は多い。そういったときに、患者や家族の相談に乗り、他の保健医療機関や福祉関係機関、または市町村等への連絡や調整などをして、問題を解決に導くためのアドバイス・サポートを行うのが医療ソーシャルワーカーの仕事である。
現段階で医療ソーシャルワーカーになるために必要な資格は特に定められていない。ただし、医療・福祉の専門知識は必須であるので、ほとんどの病院では「社会福祉士」、「精神保健福祉士」いずれかの資格取得者を採用条件としている場合が多い。





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.