職業:医療・看護・福祉系
手話通訳士
手話を用いて聴覚障がい者と健聴者のコミュニケーションを取り持つ仕事。近年、病院や役所、企業の窓口、テレビ番組などさまざまな場所でニーズが高まっている。話の内容を正確・的確に通訳するための手話スキルや表現力はもちろん、国語力、聴覚障がいや福祉に関しての知識と理解も求められる。
特に必須ではないが、仕事として手話通訳士をするなら資格を取得しておくのが好ましい。主なものに、厚生労働大臣公認「社会福祉法人聴力障害者情報文化センター」が実施する「手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)」があるが、合格率は10%程度と難関。合格するには3年以上の手話通訳経験が必要と言われている。





Copyright (C)2007 webguidance, All rights reserved.